今朝は早く起きて、玉野市の《たまひめ神社》と岡山市の《西大寺》へいくつもりが、起きたら10時30分だった。昨晩スイッチが入りまくりバンバン調べ物やらあれやこれやしすぎたのが効いたか?!んんん_(:3 」∠)_おまけに曇ってる?!これはなかなか面白い展開だな〜〜

 

☆    ☆     ☆

 

着いてゆっくりしてるとだんだん晴れ間が。雨が降るかどっちかだと思ってたけど、こちらか...感動(*´ω`*)ここのエネルギーはいつも母性に満ち溢れてる

 

f:id:ikese15:20170904151308j:plain

 

『種』の話をしよう

 

今回はそんな旅...昨年の秋に見落とした...いや...というよりはより深く理解できるタイミングがきたという感じかな。今だから一番理解できる... 

知ってるのと理解してるのは違う

理解してるのと納得してるのも違う

 

f:id:ikese15:20170904151417j:plain

 

たまひめ神社御神体は大きな霊石

玉野市の由来になったそう。

 

昔はここは入江で、人々は舟をここまで寄せていたという。古代信仰、レムリア的なエネルギーに満ちてる。包み込むような母性

 

『誰も悪くない』

刹那的、永遠的という二極を重ねなければ心底納得はできないのかもしれない。諸行無常の意味をまた一段深く学ばされた。深く深く流れを見届ければその意味はわかるんだけど、いつもリアクションがせっかちだから感情のまま感じてしまうんだろうなあ。

 

f:id:ikese15:20170904151349j:plain

 

万葉集

ぬばたまの夜は明けぬらし玉の浦にあさりする鶴鳴き渡るなり

(玉の浦:古代の玉野の地の呼び名)

 

鶴亀のバランスはもともととれていたんだったね。今また戻るだけ...陰陽のバランスは本来とれているもので、今歪みを調整して本来の形に戻るだけ。

砂時計の上下が重なれば六芒星ができるだけ。

六芒星は《ななつ星

 

この御神体の伝説。ある夜、3つの火の玉が飛び出して、龍神が住む臥龍山中腹の臥龍山稲荷神社奥宮、西大寺の観音、牛窓へと飛んでいったとか。何だかとても懐かしくハートフルな話。

 

たまひめ神社の背後にある臥龍山稲荷神社まで少し登ります。まだ蝉がいますね...最後になるほど大変だという蝉...頑張れ蝉ちゃん!!それにしても相変わらずビビらせられる稲荷さんの外観ですな。しかも奥宮の一番緊張感ただようとこでサイレンが鳴り響く。めっちゃビビるやんか〜〜(>_<)って正午のお知らせらしい。寝坊したから聞けた...ここにくるキッカケはまた聞こえ出したシグナルだった。小さな信号がずっと聞こえてた...居ても立っても居られないいられなくてすぐに来たわけです、それが今回の経緯。

 

f:id:ikese15:20170904151228j:plain

f:id:ikese15:20170904151158j:plain

 

眺めていると 古代の玉の浦を視た気がします。土地のエネルギーと人々の関係は確かに薄くなってる。だから人々は気づかないし、どんどん難を選んでいく。でもそれさえも...それを選んでいったのも私たちが味わいたかったからか。

 

【循環】も今きてるテーマの1つ

役割はそれぞれ立場や位置、時間や空間により違う。

最近はいろいろな暦を見る機会が多いので、すごくその視点で見るとわかりやすいです。

 

『誰も悪くない』

 

これはもう長いこと付き合っている「メッセージ」。深すぎてなかなか投げかけている存在程は理解できてないかな。グループソウルレベルだと思う。

 

f:id:ikese15:20170904151127j:plain

 

f:id:ikese15:20170904151050j:plain

 

岡山市西大寺

ここは日本三大奇祭で有名です。陽のエネルギーが強いね!!局所的でたまひめ神社とは真逆だな。

 

高野山真言宗別格本山 

金陵山西大寺(観音院)

 

藤原皆足姫と安隆上人

犀角を預けた仙人(龍神)

 

その由来から、犀戴寺(さいだいじ)

いつからか西大寺という漢字に。

四国の金毘羅さんと由縁が深い

 

会陽 (裸祭り)

男性が9000人もフンドシでぶつかり合うとか凄すぎる。

裸祭りは男性だけだけど、その前に鼓舞する会陽太鼓を叩くのは女性だけらしい。うんうん納得。

 

会陽 は《陽に合う》

今年は2/18だったらしい。

私の人生の節目になった2/19の前日

私はやっぱりこの日に【陽(春)】にあったのだろうか。

 

f:id:ikese15:20170904151002j:plain

とても珍しい造りで、三手先尾垂木付きは全国でもここだけらしい。

f:id:ikese15:20170904150925j:plain

 

f:id:ikese15:20170904150850j:plain

f:id:ikese15:20170904150719j:plain

 

かごめ かごめ

籠目   籠目

鶴と亀が統べって

陰陽合わさり 六芒星(籠目)

反転する 世界

より視覚化、現実化してくるだろう

 

だいたい視覚化までに1〜2年かかるという。

今から世界、社会はより面白くなる。私的にはですが...みんなが待ってたと思うし集合意識で選んだわけだし、歩みを止めずに抵抗せずに上手に波乗りサーフィンしたいですね。

 

☆    ☆    ☆

 

『今日は   種の話をしよう』

 

火と水のように異なるもの同士の調和

火にも焼けず 水にも溺れぬ 元の種

 

 

思いがけず知ったのは今日は13の暦では《黄色い宇宙の種の日》だった。

 

黄色い水晶の種の年

月の月

黄色い宇宙の種の日

 

とある一日でした。

......青天の霹靂はご勘弁願いたい。

今願うのは「お手柔らかに」

な感じであります( ̄▽ ̄;)

 

いつも読んでるアリスベイリー女史の本を講義されてる方のブログがシンクロしすぎている。うーむ・・・

 

だから

『今日は 種の話をしよう』

 

 

s.ameblo.jp

 

あと、2日前に見つけて、こればっかりリピートで数時間聞いてる曲

どうやって見つけたのだったかな。何でこうやってずっと聞いてるのかな。謎・・・う~ん、私の行動は案外理由がない。そしてわかるパターン。

 


BIGBANG - HARU HARU pv 日本語版 これ泣ける歌・PV。

 

 読み解けないけど・・・歌詞を聞いたらこれも

「誰も悪くない」と言ったわ。

 

う~ん・・・女の子の選択?理解できないけど・・・こんな感じで愛し方って人それぞれ違うから・・・愛されたいように愛されないこともある。パッと見は。・・・時間が経つと・・・・またそれも言い切れないけどね。

 

Haru Haru とは 「一日一日」という意味だそうです。深い・・・

 

春秋 陰陽 春は陽